砂漠の女神
  • 2018年12月29日発売
  • 価格500円+税
  • 昭和の官能絵師が放つ、渾身の欲情物語!
    著者:ケン月影
    初単行本化!356ページ
以下のWeb書店でもご購入いただけます
CONTENTS

昭和の時代より、官能劇画の第一人者として数々の雑誌・コミックで活躍してきたのが
ケン月影です
御年76歳の官能劇画作家は、独特の風情の大人の色気あふれる美女を描きます
巷にあふれる萌え系・ロリ系とは一線を画す、これぞ正統かつ古典的な官能劇画です
本作品ではケン月影の持つ独特の世界観の中で、抒情溢れる男女の物語が展開されます

『砂漠の女神』
誘いに乗ったばかりに家族を巻き込んだ愛憎劇に展開!
幸せな家族が一人の女によって崩壊していく…
美人の妻を持ち、会社では課長のポジションにつき順風満帆な真也
ある日、玲奈が新入社員として現れた時からその幸せは崩れていく

同時収録:『昭和の咲く女の華』
敗戦から一年余りの東京、未だ手つかずの焼け野原
空襲を生き延び、飢えを凌いで敗戦の虚脱に耐えた後にも生き地獄があった
そんな中、女一人糧を得るには身を売るより手段はなかった…
たくましくも儚い女の生きざまを描き出す